HOME

What's New(新着情報)

過剰なSEO行為には気をつけましょう

検索エンジンでの表示順位を上げるための技術であるSEOですが、最近はその存在が一般の方にも意識されてきたせいか、無理にSEO目的のサイト作りをする方が増えているようです。
もちろんそれが期待通りの効果をあげてくれることもあるのですが、検索エンジン側に悪質な行為として見られてしまうこともあります。
検索エンジンスパムとして見られると、表示順位が下げられるなどのペナルティを受けることもありますから、くれぐれも気を付けるようにしてください。

では、どういったSEOの施策が検索エンジンスパムとして見られてしまうのでしょうか。まずあげられるのが、必要以上にキーワードをページ内に入れ、それらのフォントカラーを背景と同色にしてしまう行為です。キーワードが必要以上に多いことで不自然に思われますし、文字を背景色と同色にして見えなくする行為は、スパム行為として見られてしまいます。

また、自分のサイトへのリンクを多く見せるために、他のサイトからのリンクを自分で大量に作る行為も避けたいものです。リンクの数が自然発生的に増えているのであればいいのですが、不自然な増え方をしている場合にはスパム行為とされてしまいます。

SEOに効果があるだろうと思って行なっても、検索エンジンスパムとして見られると逆の効果しか生みません。SEOという技術に頼って様々な策を講じるのもいいのですが、それよりもコンテンツを魅力のあるものにして、訪問者に関心を持ってもらえるようなサイト作りを心がけてみてはいかがでしょうか。

HOME